ワキガの治し方!誰もが気になるワキガ対策

ワキガ手術

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket
ワキガの手術とはワキの下を切開し、その部分を裏返して、中にあるアポクリン汗腺を取り除く、というものが一般的です。
手術がうまくいけばワキガが完治する可能性が高いですが、場合によってはアポクリン汗腺が取りきらずに残ってしまい、ワキガが再発することもあります。
そうならないためにも、病院選び、執刀医選びは非常に重要です。費用の安さだけで安易に決めるのは避けましょう。
また、ワキの下にキズが残る、ワキの汗腺がなくなるのでその分他の体の部位から大量に発汗する、費用が高い、などのデメリットもありますので、その点もふまえて検討して下さい。

手術でワキガは治るの?

ワキガに苦しんでいる方の中には手術を検討されている方もいるでしょう。
たしかに手術を受ければ治る可能性はあり、これからニオイに苦しむこともないかもしれません。
しかし、絶対にワキガが完治するわけでないので、そのことを理解した上で受けてください。

手術でワキガの原因であるアポクリン腺を切除するとその部分からは汗が出ないので悪臭がなくなりますが、
全てのアポクリン腺を切り取るのは難しく、残ってしまう場合があります。
アポクリン腺が少なくなるので臭いは軽減されるかもしれませんが、気休め程度にしかならないこともあります。
執刀医の腕に左右される手術なので、失敗する可能性も十分あると思ってください。

基本的にワキガで病院に行ってもいきなり手術を勧められるケースは少ないです。
まずは薬物療法を試してみて、それから判断するのが一般的です。
使用される薬は塩化アルミニウム液や臭化プロバンテリンといったもので、
場合によっては精神面に作用する薬を処方されることもあるでしょう。
軽度のワキガだとこれらの薬で改善できます。

軽度のワキガなら、レーザーで治療する方法もあります。
レーザー治療のメリットはメスを使わないので、傷跡が残らないことです。
また、一回の治療時間が短く、体への負担も少ないです。
重度のワキガだと再発する可能性が高いため、おすすめできませんが、軽度のワキガの方にはいいでしょう。

重度のワキガの場合、薬を使っても効果が弱いので、手術を勧められることがあります。
ワキの下を切開し、その部分を裏返して、アポクリン腺を取り除く直視下手術法が一般的です。
一つ一つ取り除くため、完治する可能性が高いですが、医師の腕に左右されるので、
経験の浅い人が執刀医だと失敗する可能性もあります。
失敗を防ぐためにもきちんと手術実績が豊富な医師がいる病院を見つけてください。
そうしないと高額な費用をドブに捨てることになりますし、副作用に苦しむ危険も高くなります。

手術を受けるメリット・デメリットとは?

これからワキガ手術を受けようと思っている方はきちんとメリットとデメリットを理解しておきましょう。
特にデメリットを理解せずに受けてしまうと後から後悔する可能性が高いので注意してください。

まず、ワキガ手術のメリットは完治できる可能性があることです。
生活習慣や食生活を見直したり、デオドラントを使用しても完治することはできません。
臭いは軽減できますが、いくら頑張っても完全に治すのは不可能です。
しかし、ワキガ手術の場合、ワキガの原因であるアポクリン腺を除去するため、完治できる可能性があります。
完治できれば、これからもうワキガになる苦しむことはありません。

デメリットは代償性発汗を起こしやすいことです。
ワキガ手術を受けた方によく見られるのが代償性発汗です。
代償性発汗とは手術をした部位以外の場所から汗が大量に出てしまう現象をいいます。
実はワキガの手術では、アポクリン腺だけではなく、エクリン汗腺も一緒に切除されます。
これにより、ワキ汗の量を減らせるので、ニオイを改善できますが、本来ワキから発生するはずの汗が
頭や手から出てしまいます。
ワキ汗は減っても他の部位の汗の量が増えてしまうため、意味がないと感じる方も多いです。
この現象は高確率で発生するので、手術を受ける方は覚悟しておかないといけません。

また、手術の傷跡が残る、ニオイが再発するといったデメリットもあります。
100%臭いが消える手術ではないため、未熟な医師が執刀した場合、再発したり、臭いが変わらなかったり、
逆に悪化することもあります。
中にはワキのニオイは消えたけどスソワキガの臭いが強くなったという方も少なくありません。

そして、手術方法によっても変わりますが、15万円~40万円ほどのお金が必要になります。

完治したいならワキガ手術

ワキガを完治したいなら手術をするしかありません。
どんなに生活習慣を見直しても、いくら効果のあるデオドラントを使っても完治することは不可能です。
なぜなら、セルフケアではワキガの原因を取り除くことができないからです。

ワキガの臭いはアポクリン汗腺から出る汗が関係しています。
ここから出る汗が雑菌と混じりあうことによって、ワキガの臭いを発生させるのです。
つまり、完全に臭いを消すにはアポクリン汗腺を取り除くしかないということです。

ワキガ手術でアポクリン汗腺を全て取り除くことができれば、嫌な臭いはしなくなります。
「それならすぐにでも受けたい!」と思うかもしれませんが、いくつか問題があるのですぐに決断するのは危険です。

一番の問題は再発の可能性です。
全て取り除ければ問題ないですが、残ってしまう場合もあります。
アポクリン汗腺が残ってしまうと再発して、また以前と同じようにワキガに悩まされます。
医師の腕に左右される手術なので、信用できる病院で受けてください。
費用だけで決めてしまうのは非常に危険です。

さらに代償性発汗を起こす可能性がとても高いです。
ワキ汗が止まるので、臭いがしなくなりますが、他の部分から汗がたくさん出るようになります。
この代償性発汗にこれから先ずっと悩まされます。

ワキガ手術をした方がいい場合

ワキガだからといって絶対に手術をしないといけないわけではありません。
命に関わることではないので、症状が軽いならセルフケアで十分です。
ただ、重度のワキガで何をしても効果がない場合はワキガ手術を検討した方がいいでしょう。

ワキガの臭いは自分は良くても他の人が気になります。
鼻がよくて臭いに敏感な方だと気分が悪くなってしまいます。
これが理由でいじめにあったり、人から避けられることもあるので、重度のワキガの方は早めに対処されてください。

手術は急ぐものではないので、まずは自分にできるワキガ対策を全て試しましょう。
生活習慣や食生活の見直しをはじめ、禁煙、禁酒、ワキガ対策商品の使用など色々やれることはあります。
これらを試して、全く効果がなければ、手術をするしかありません。

手術をする場合、治療実績が豊富な病院を選んでください。
高い技術が必要になるので、腕の悪い医師に執刀されると改善しなかったり、再発することがあります。
口コミや評判も参考になるのでインターネットで探してみましょう。

また、手術を希望される時は医師からきちんとデメリットも説明してもらってください。
メリットだけではなく、デメリットもあるので、軽く考えるのは危険です。

ワキガ手術は危険って本当なの?

ワキガ手術は危険だといわれているので、受けようか迷っている方もいるでしょう。
命に関わるようなことはありませんが、様々な問題があるので、安易に決断するのはやめてください。
では、ワキガ手術にはどういった危険があるのでしょうか?

体にメスを入れるので、大なり小なり傷跡が残ってしまいます。
男性ならまだしも女性にとっては大きな問題ですよね?
傷跡が気になる方は手術以外にも方法があるので、別の治療法を検討してください。
ボトックス注射ならメスを使用しないので傷跡も残りません。

また、ニオイが改善されなかったり、再発する危険もあります。
ワキガ手術は技術と経験を必要とするので、医師のレベルによって成功率が全く違います。
経験の浅い医師が執刀した場合、アポクリン汗腺を完全に取り除くことができず、改善されない可能性が高いです。
医師の腕にかかっているので、できる限り評判の病院で手術を受けましょう。

ワキの汗の量が減ることによって、他の部位の汗の量が増えてしまうケースが多いです。
これを代償性発汗といい、ワキガ手術をすると高確率で発症します。
ワキガのニオイは改善されても、今度は汗臭さが目立つようになるかもしれません。

ワキガ手術にはこういった危険があります。
手術をしてから後悔しても遅いので、医師と相談してからじっくりと決めてください。

ワキガ手術にかかる費用

ワキガ手術を受ける場合、どうしても気になるのが費用ですよね?
あまりにも高額だと手術を避けたくなりますが、一体どのくらいかかるのでしょうか。

ワキガの手術にかかる費用は、手術の仕方や病院によって異なりますが、30~50万円は考えておいた方がいいでしょう。
症状が軽かったり、保険が適用できれば、これ以下に抑えることもできます。
正確な費用は病院に行って聞かないと分からないので、気になる方は一度医師に相談されてください。

軽度のワキガの場合、ボトックス注射でも臭いを抑えることができます。
これなら3万円前後で受けられるので、経済的余裕がない方でも大丈夫だと思います。
ただし、中度~重度の方だと効果がありませんし、注射をしても半年から1年で効果が切れるので、
定期的に受ける必要があります。

この他にもレーザー治療や電気凝固法といった治療方法もありますが、やはり重度の方には効き目が弱いです。
レーザー治療だと7万円~15万円ほど、電気凝固法だと3万円程度で受けられます。

重度のワキガの場合は、どうしても手術をしないと治すことができませんし、他の治療法だと再発する可能性が高いです。
そのため、ある程度の費用は覚悟しておいた方がいいでしょう。

ワキガ手術の副作用

ワキガ手術には様々な副作用があります。
仮に手術が成功しても今度は副作用に悩まされる方も少なくありません。
手術を受ける前にどんな副作用があるのか把握しておきましょう。

まず、一番起こりやすいのが代償性発汗です。
代償性発汗とは本来出るはずの脇の汗が他の部位から出てしまう症状のことをいいます。
手術をすると脇から汗が出なくなりますが、手や頭といった他の部位の汗の量が増えます。
これではワキガが治ってもあまり嬉しくないですよね?

アポクリン汗腺の取り残しが多い場合、ニオイが強くなることもあります。
せっかく高いお金を払って手術をしたのにこれではあんまりですよね。
取り残しが多いとニオイが強くならなくても再発する可能性が高いです。

脇毛が生えにくくなるというのもワキガ手術の副作用といっていいでしょう。
女性は嬉しいかもしれませんが、男性からすると微妙な気持ちだと思います。
男性で脇毛処理している人は少ないので、銭湯やプールに行くと目立ってしまったり、友達から理由を聞かれるかもしれません。

このようにワキガ手術の副作用はいくつもあるので、安易に受けるのは避けてください。
他にも色々な副作用が考えられるので医師からきちんと説明してもらいましょう。

ワキガ手術の病院の選び方

ワキガ手術を希望されている場合、病院をしっかりと選びましょう。
治療効果が医師のレベルによって大きく異なるので、適当に病院を選ぶのは危険です。
高額な手術費用だけ支払って、効果がない場合もあります。

病院を選ぶ時は医師やスタッフの対応に注目しましょう。
質問にしっかりと答えてくれるような対応が丁寧な病院の方だと安心して受けることができます。
悪い病院だと質問をしてもいい加減な答えしか返ってきません。
カウンセリングが適当な病院も避けてください。

デメリットを説明してくれない病院も危険なので避けましょう。
ワキガ手術には様々なデメリットがあるため、普通はきちんと説明してくれます。
再発の可能性もある手術なので、「再発は絶対にない!」と言い切るような病院は危険です。

こちらの意見を聞かず、勝手に治療方針を決める病院もおすすめできません。
患者さんのことを考えている病院なら、患者さんの意思を尊重します。
そのため、強引に手術を勧める病院も避けてください。

病院の口コミの良さもチェックポイントのひとつです。
評判のいい病院だから絶対にいいとは限りませんが、ひとつの目安にはなります。
費用が安くても口コミが悪い病院は避けるのが無難です。
東京プラチナムクリニック ウルセラドライ 東京プラチナムクリニック

ページの先頭へ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket