ワキガの治し方!誰もが気になるワキガ対策

デオドラントの選び方

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

自分に合ったものを選ぶ

重度のワキガに悩まされている方の場合、普通のデオドラントを使っても効果が弱く、ニオイが改善しないことが多いです。
ワキガ臭が強い方は医薬部外品のデオドラントを使ってください。
デオドラントの中には医薬部外品の商品があり、一般的なものよりも強い殺菌効果を持っています。
医薬部外品のデオドラントであれば、重度のワキガでもニオイを抑えられるはずです。
ただし、医薬部外品は殺菌効果が強い分、肌への負担も大きくなります。
肌が弱い方だと肌荒れを起こす危険があるので、自分の肌と相談しながら使用してください。

ワキ汗がすごい方は制汗作用の強いデオドラントを選びましょう。
汗が多ければ多いほどニオイが強くなるので、制汗作用の強いデオドラントもワキガに有効です。
代表的なのが塩化アルミニウムが含まれているタイプです。
塩化アルミニウムには汗を抑制する作用があり、多汗症やワキガ対策によく用いられています。
刺激が強い成分なので、濃度が濃いものだと肌荒れを起こす可能性があります。
医薬部外品のデオドラントと同様、自分の肌と相談しながら使うようにしてください。
もし、使っていて炎症や湿疹といった肌荒れを起こした場合は使用をやめて様子を見ましょう。

デオドラント選びは使用感も重要

デオドラント選びで忘れがちなのが使用感です。
効果も重要ですが使用感が悪いと使い続けることができないので注意してください。
使用感を判断する際に注目したいのが香りです。

デオドラントの中にはニオイを誤魔化すために香料が含まれているものがあります。
一見、香料が含まれている商品の方がいいような気もしますが、実は無香料の方がワキガ対策には向いています。
香料が含まれているとワキガ臭と香料が合わさり、余計にニオイが目立ってしまうことがあるのです。
軽度のワキガならまだしも重度のワキガだと逆効果になる可能性が高いです。

そして、持続時間が短いものだと何度も使用しないといけないので面倒ですよね?
一日に何度も使う手間を減らすためにも持続時間の長いタイプを選びましょう。
ジェルタイプ、パウダースプレータイプ、シートタイプなどのデオドラントだと持続時間が短いです。
おすすめはクリームタイプです。
クリームタイプは汗をかいても流されることが少ないので、長時間効果が持続します。

さらにできる限り刺激の弱いデオドラントを探してください。
刺激の強いものだと肌荒れを起こす可能性があり、せっかく買ったのに使えない場合があります。
効果も大事ですが、刺激が強すぎるものは避けましょう。

ページの先頭へ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket