ワキガの治し方!誰もが気になるワキガ対策

ワキガは漢方で治る?

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

ワキガを漢方で治す

ワキガの改善方法は色々ありますが、思うように治らない場合もあるでしょう。
そんな方に試していただきたいのが漢方です。
漢方なんて効くの?と思うかもしれませんが、100%絶対に治るわけではありません。
効果には個人差があるため、効かない方もいます。
漢方を使ってからニオイが改善したという方もいるので、試してみる価値はあります。

漢方の中には汗を抑えられるものがあります。
ワキガは汗の量が多ければ多いほどニオイが強くなるので、漢方で汗を抑えるというのは有効な方法です。
ただし、漢方には即効性がありません。
病院で処方される薬や市販の市販の制汗剤のようにすぐに効果が現れることはないです。
体のバランスを整えて、汗の量を抑えるというのが漢方の役割です。
そう簡単に体のバランスを整えることができないので、どうしても効果を実感するまで時間はかかってしまいます。
最低でも数ヶ月飲み続けないと効果は現れないでしょう。

ただ、漢方で体質を改善できれば、今後ワキガに悩まされることはなくなります。
ワキガ自体は完治できませんが、汗の量を減らせるのでニオイは以前よりも弱くなるはずです。
副作用の心配もないので安心して続けられるのも漢方のメリットです。

ワキガに効く漢方と使用する際の注意点

ワキガに効く漢方とは汗を抑制する作用があるものです。
汗を抑制できれば、雑菌の繁殖を抑えられるので、ワキガ臭を軽減できます。
汗を抑制できる漢方は以下の通りです。

・五苓散加牡蠣黄著(ごれいさんかぼうれいおうぎ)
・白虎湯加減(びゃっことうかげん)
・柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)
・桂枝加黄耆湯(けいしかおうぎとう)
・防己黄耆湯(ぼういおうぎとう)
・加味逍遥散(かみしょうようさん)

これらの漢方はワキガ対策に効果的なので、試してみてはいかがでしょうか。

漢方を使用する場合、短期間で効果の有無を判断しないでください。
効果が現れるまで時間がかかるので、数ヶ月使い続けてから継続するかやめるのか判断しましょう。
毎日コツコツ飲み続けることが漢方でワキガを治すポイントです。

また、基本的に漢方は副作用の心配がない薬ですが、用量用法を守らずに飲んでしまうと体に悪影響を与える可能性があります。
必要以上に服用したり、持病の薬と一緒に服用すると副作用を起こすかもしれません。
病院からなんらかの治療薬を処方されている場合は、医師に相談してから漢方を服用してください。
自己判断で使用するのはとても危険なので絶対にやめましょう。

ページの先頭へ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket