ワキガの治し方!誰もが気になるワキガ対策

ワキガと遺伝の関係性

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

ワキガと遺伝は関係しているのか?

「ワキガは遺伝するの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。
結論からいうとワキガは遺伝します。
もちろん、絶対に遺伝するわけではないですが、父親と母親のどちらかがワキガ、または両方ともワキガだった場合、
その子供もワキガになる可能性が高いです。
ちなみに片方の親がワキガの場合だと遺伝する確率は50%、両方ともワキガだった場合は80%だといわれています。
このようにワキガは高確率で遺伝します。

ただ、ワキガのニオイが遺伝するわけではありません。
遺伝するのは脇に多くあるアポクリン汗腺の量です。
アポクリン汗腺はワキガの原因であり、ここから出る汗が独特のニオイを発生させます。
この汗腺の量が多ければ多いほどニオイが強くなるので、ワキガになりやすいと思ってください。
つまり、ワキガの両親からこのアポクリン汗腺の量を受け継いでしまうとワキガになる可能性が高くなるということです。

ワキガが遺伝したかどうかは、思春期に分かることが多いです。
思春期になると体が大人の状態に近づくので、この時にアポクリン汗腺の成長も活発になります。
小学校高学年や中学校になってからワキガのニオイが発生するようになった場合、遺伝した可能性が高いです。

遺伝した場合の対処法

「ワキガは遺伝だからどうしようもない・・・」と諦めている方はいませんか?
たしかに遺伝するとワキガになりやすいですが、絶対にワキガになると決まったわけではありません。
また、仮にワキガになったとしてもニオイを軽減することは可能です。
遺伝だからと諦めずに正面からワキガと向き合ってください。

そもそもワキガが遺伝しても発症しない場合もあります。
ワキガは生活習慣や食生活と深く関係しているので、ワキガになりづらい生活を送っていれば、発症を防ぐことができます。
脂肪分や糖分の多い食生活ではなく、野菜をメインとした栄養バランスのいい食事を心がけたり、
ストレスを溜めこまないように毎日しっかりと睡眠をとるといったことをするだけでもワキガ予防になります。
ワキガになってもこういった生活をしていれば、ニオイを軽減できるので、生活習慣や食生活には十分気をつけてください。

そして、ワキガが遺伝したと感じても過度に気にしてはいけません。
気にすれば気にするほどストレスが大きくなり、さらにニオイを強めてしまいます。
全く気にしないで生活をするのは難しいですが、「人は誰でもニオイがするので、それが自分はちょっと強いだけ」
と思うことで、少しは気分が楽になりませんか?

ページの先頭へ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket