ワキガの治し方!誰もが気になるワキガ対策

ワキガ原因

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket
ワキガはアポクリン汗腺から出る汗が雑菌と混じることで臭いが発生します。
ワキガを発症するかどうかはアポクリン汗腺が多いかどうかだけで決まるのではなく、様々な要因が関わっています。
また、親がワキガ体質の場合、遺伝でワキガ体質になる確率は非常に高いですが、それだけでワキガになるわけでもありません。
一般に生活習慣の乱れ、食生活の乱れ、お酒、タバコ、ストレスなどがワキガの要因と言われています。
一方で、脱毛したからといってワキガになることはなく、逆にワキ毛がなくなることによって臭いは軽減されるとされています。

ワキガの原因はアポクリン腺

そもそもどうしてワキガになるのか気になりますよね?
ワキガはアポクリン腺と呼ばれる汗腺と深く関係しています。
人の汗腺にはエクリン汗腺とアポクリン汗腺の2種類があり、それぞれ汗の質が異なります。

運動や体温が上昇した時に発生する汗はエクリン汗腺から出ます。
エクリン汗腺の汗は99%水分で構成されているため、ほとんど臭いがありません。
そのままにしておくと雑菌の影響で汗臭くはなりますが、体を洗えば簡単に臭いが落ちます。

問題なのがアポクリン汗腺から発生する汗です。
ここから出る汗は水分をはじめ、脂肪やタンパク質、アンモニア、糖質なども含まれており、
雑菌と混じることで独特の不快な臭いを放ちます。
つまり、このアポクリン汗腺の汗がワキガの原因なのです。
アポクリン汗腺はワキ下や乳首、陰部、耳の中、肛門など限定された部分に存在し、生まれつき数が決まっています。
数が多ければ多い人ほど臭いが強く、ワキガの可能性が高くなります。

ただし、アポクリン汗腺が多いからといって必ずしもワキガになるわけではありません。
あくまでも可能性が高くなるだけで、発症するかどうかは生活習慣など様々な要因が関わってきます。
不規則な生活を送っているほど発症する確率が高くなります。

食生活がワキガを発生させる?

ワキガの根本的な原因ではないですが、食生活も臭いと大きく関わっています。
脂っこいものや肉、乳製品をたくさん食べているとアポクリン腺が刺激され、アポクリン腺から出る汗が増えます。
アポクリン腺から発生する汗がワキガの原因なので、当然分泌量が増えれば、それだけ臭いも強くなります。
このように欧米よりの肉中心の食生活を続けているとワキガを発症させたり、悪化させてしまうので気をつけないといけません。
さらにファーストフード、インスタント食品などもワキガに良くないです。

本来、日本人は魚と野菜を中心とした食生活でしたが、食事の欧米化によってどんどん肉中心の食生活に変化していきました。
これによって、ワキガに悩まされる日本人が増えたといわれています。

ワキガを改善したいのであれば、肉中心の食生活から野菜や魚をメインとした和食スタイルに変えてください。
完治させることはできませんが、ニオイを軽減することは可能です。
栄養バランスもいいので、生活習慣病予防にもなるでしょう。

また、肥満の方ほどワキガになりやすいといわれていますが、これもあながち嘘ではありません。
肥満の方は汗をかきやすいですし、食生活も乱れているので、ワキガの発症リスクが高いです。

ワキガはストレスのせい?

ストレスや不安を感じると自律神経が乱れ、ホルモンバランスを崩してしまいます。
ホルモンバランスが崩れるとアポクリン腺が刺激されるため、そこから出る汗の量が増えます。
そうすると必然的に臭いが強くなり、ワキガを悪化させます。
これがストレスによってワキガが悪化する理由です。

ストレスが解消されると臭いがもとに戻るといわれているので、ワキガの方は自分に合ったストレス解消法を探してください。
体を動かすのが好きな方なら運動を始めたり、本が好きなら読書の時間を設けるのもいいでしょう。
また、のんびりとお風呂に浸かったり、美味しいものを食べたり、旅行に行くのもいいかもしれません。

一番やってはいけないのがワキガを過度に気にすることです。
「気にするな」と言われても無理があるかもしれませんが、ワキガを気にするとそれがストレスになり、
ニオイを強めてしまいます。
そうするとさらにストレスが大きくなり、ニオイも強くなるという負のスパイラルを生み出します。
負のスパイラルから抜け出すのは難しいので、そうなる前にワキガを忘れられる時間を作ってください。
無理にワキガを忘れようとするとそれがストレスになるかもしれないので、あまり意識せずに
趣味の一環としてストレス対策を行いましょう。

お酒がワキガの原因になることも

みなさんの中にもお酒が好きな方はいると思いますが、ワキガの方は飲み過ぎに注意してください。
実はお酒が原因でニオイが強くなったり、ワキガを引き起こす可能性があるのです。
ただ、適量であれば、ストレス発散になって、体臭を弱くできるかもしれないのでやめる必要はありません。
あくまでも過剰摂取がいけないだけです。

アルコールを摂取すると汗腺の働きが活発になり、エクリン汗とアポクリン汗の汗の量が増えます。
汗の量が増えると雑菌が増殖しやすい環境を作ってしまうので、ニオイも強くなります。
普段は体臭が弱くてもお酒を飲むと強くなるのはこのためです。
ワキガの方だと一気にニオイが強くなるので注意してください。

どうしてもお酒を飲まないといけない時は、ワキガ対策をしてから飲むようにしましょう。
お酒を飲む前にデオドラントを塗るだけでもニオイを軽減できます。
トイレに行った時などに汗を拭き取るのも効果的です。
このようなことをしていれば、お酒を飲んでいてもそこまでニオイは強くなりません。

また、お酒をたくさん飲む場合は、抗酸化作用のあるおつまみを一緒に食べてください。
キャベツやピーマンは抗酸化作用があるので、こういった食材を使った料理を食べるとニオイを軽減できます。

タバコがワキガの原因?

タバコがワキガの原因になるともいわれていますが、これは事実です。
本気でワキガを改善したいなら、一日でも早くタバコをやめましょう。
続けているとさらにワキガを悪化させてしまう可能性があります。

タバコにはニコチンという有害物質が含まれており、これが原因でワキガを引き起こします。
ニコチンは中枢神経を刺激し、エクリン腺やエクリン腺の汗の量を増やす働きがあります。
汗の量が増えれば、必然的に臭いも強くなるので、ワキガになってしまうというわけです。

また、タバコの臭い自体にも問題があります。
軽度のワキガの方でもタバコの臭いと混じることで、強い刺激臭を発生させてしまいます。

知らなかった方も多いかもしれませんが、タバコとワキガにはこのような関係があるのです。
お酒は適量であればリラックス作用が期待できるので、メリットもありますが、タバコには何もありません。
吸えば吸うほど健康に害を与え、ガンの発生リスクも高めてしまいます。

どうしてもタバコをやめられない場合、禁煙グッズに頼ってみてはいかがでしょうか?
最近では禁煙ブームということもあり、様々な禁煙グッズが販売されています。
その中に自分に合ったものがあるかもしれないので、色々試してみるのもいいでしょう。

遺伝がワキガの原因なの?

ワキガは遺伝が原因なのか気になりますよね?
仮に遺伝だとショックが大きいですが、残念ながらワキガと遺伝は深く関係しています。
親がワキガだとその子供もワキガになる可能性が高いです。
父親も母親も両方ともワキガの場合、子供は8割の確率で遺伝するといわれています。

しかし、ワキガの遺伝子が受け継がれても必ず発症するわけではありません。
あくまでもワキガになりやすいだけなので、工夫次第で発症を抑えることができます。
「遺伝が原因なら何をしても無駄・・・」と諦める必要はないので安心してください。

ワキガになりやすい体質でも生活習慣に気を遣っていれば、ニオイを抑えることができます。
毎日たっぷりと睡眠をとる、体を動かして運動不足を防ぐ、偏った食生活をしない、ストレスを溜めない、
お風呂にきちんと入るといったことを心がければ、ワキガ臭に悩まされることもないでしょう。

何をしてもワキガのニオイがする場合は、デオドラント商品を使ってください。
デオドラント商品を使えば、ニオイを弱めることができます。
手術をするという選択肢もありますが、リスクが大きいのでまずは自分にできることから始めましょう。
それでも改善しなかった場合に初めて手術を検討してください。

女性のワキガの原因

ワキガというと男性がなるイメージが強いと思いますが、女性だってなる場合もあるので注意してください。
そもそも女性の方がワキガになりやすいともいわれています。
これは男性よりもワキガの原因であるアポクリン汗腺が多いためです。
アポクリン汗腺が多ければ多いほどワキガになりやすいので、実は男性よりも女性の方が気をつけないといけません。
特に食生活が乱れている女性、多汗症の女性、ストレスを多く抱えている女性はワキガになりやすいです。

脂っこいものを好む人やファーストフードばかりを食べている人はワキガのニオイが強くなります。
野菜中心の食生活に切り替えれば、ニオイを抑えることができます。

体質なので仕方がない部分もありますが、多汗症の人ほどワキガのニオイが強いです。
アポクリン汗腺が多くて、しかも多汗症だと悪臭を発生させてしまいます。
多汗症の女性はこまめに汗を拭き取り、雑菌の繁殖を抑えましょう。

ストレスのせいでワキガに悩まされている女性も少なくありません。
ストレスを完全になくすことはできませんが、スポーツやお風呂などで減らすことは可能です。
自分に合ったストレス発散方法を見つけて、極力溜めこまないようにしてください。

生活習慣の乱れはワキガを引き起こす

生活習慣の乱れは、ワキガの原因になります。
生活のリズムが崩れるとホルモンバランスが乱れ、ワキガの原因であるアポクリン腺が活発化になり、汗の量が増えます。
これにより、ワキガが発生したり、悪化したりするので注意してください。

生活習慣の中でも注意したいのが睡眠不足です。
睡眠時間が足りないと自律神経が崩れ、ホルモンバランスが乱れてしまいます。
帰りが遅くてなかなか早めにお休みできない方もいるかもしれませんが、少しでも早く寝る習慣をつけてください。
毎日毎日遅くまで起きているとワキガになってしまいます。

また、ストレスもワキガを引き起こす原因です。
ストレスが溜まるとホルモンバランスが崩れ、ニオイを強くさせてしまいます。
どんな人でも大なり小なりストレスを抱えて生活しているので、ゼロにすることはできませんが、
ゆっくりと休める時間を作ったり、リラックスできる時間を設けて、ストレスを軽減してください。
何をしたらいいのか分からない方は、気分転換に体を動かすのもいいでしょう。
体を動かすこともワキガ対策に繋がるので、ストレス発散もできて一石二鳥です。
ただし、ハードな運動はストレスの原因になってしまうので、軽めの運動にしてください

脱毛がワキガの原因になるって本当?

「脱毛してからワキガになった」「脱毛してからワキガが悪化した」といった話を聞いたことはありませんか?
最初に結論を言ってしまいますが、脱毛が原因でワキガになることはないです。
ただし、ワキガ体質の方だと一時的にニオイが強くなる可能性はあります。
どうして強くなるのかというとアポクリン腺が刺激され、汗の量が増えてしまったり、
脇毛がなくなることで汗の流れが良くなるためです。
基本的にそのうち臭いは改善されますが、気になる時はこまめに汗を拭き取れば問題ありません。

ちなみにワキガを改善したい場合は、脱毛を行った方がいいです。
脇毛がなくなると雑菌の繁殖を抑えることができ、ニオイが軽減されます。
剃るだけでも効果はあるので、ワキガに悩まされている方は脇毛の処理を行ってください。

脱毛する場合は自分でするよりもきちんとプロに行ってもらいましょう。
家庭用脱毛器や毛抜き、脱毛クリームで行うと肌荒れを起こす危険があります。
肌荒れを起こすとニオイがさらに強くなることもあるので、自己処理はおすすめできません。

エステサロンや脱毛クリニックで行った方が安全かつ確実に脱毛できます。
費用のことを考えるならエステサロンがいいですし、永久脱毛を希望するなら脱毛クリニックがいいでしょう。

肥満はワキガの原因になる?

「ワキガ=肥満」というイメージを持ってる方は多いでしょう。
たしかにその傾向はありますが、これは太っていることが原因ではありません。
肥満の方の食生活や生活習慣に原因があるのです。

太っている方は痩せている方に比べて、運動不足だったり、食生活が偏っていることが多いです。
このような生活はワキガの臭いを悪化させる原因となります。
つまり、痩せている方でも生活習慣や食生活に問題があれば、ワキガになるということです。
逆に太っている方でも規則正しい生活をしていれば、ワキガになりづらいです。

このように太っているからというよりも、肥満の方の生活に問題があると思ってください。
とはいっても肥満は健康に良くないので、太っている方は痩せた方がいいです。
同じような生活を続けているとワキガを悪化させるだけではなく、生活習慣病のリスクも高めてしまいます。
生活習慣病がきっかけで命を落とす方は非常に多いので、肥満気味かもしれないと感じる方はダイエットをはじめましょう。

ダイエットをはじめる場合、食生活を見直すだけではなく、必ず生活習慣も改善してください。
食生活の見直しだけだとリバウンドする可能性が高いので、運動も取り入れましょう。
クリアネオ Lapomine デオプラスラボ

ページの先頭へ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket