ワキガの治し方!誰もが気になるワキガ対策

ワキガかもしれないと感じている方は早めにワキガ対策を始めてください。
そのまま放置すると大きなストレスを抱えるようになったり、
人間関係が壊れることもあります。
ワキガが与える影響は想像しているよりも大きいので、
自分にできることを色々試してみましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

乱れた生活習慣が原因でワキガを発生させたり、悪化させてしまうことがあります。体質を改善することで汗の量を減らしたり、臭いの少ない汗にすることができます。

ワキガを手軽に治す方法として代表的なのがデオドラントアイテムです。消臭効果のあるクリームやスプレー、石鹸、ジェル、サプリメントなどが数多く販売されています。

お風呂の入り方ひとつでニオイを軽減することができます。
ただお風呂に入るだけでは臭いを予防できないので、ワキガ対策用の入り方を紹介します。

残念ながらワキガを完治させるのは不可能に近いです。
手術をしても臭いが完全になくなるケースは低いですし、
なくなったとしてもまた再発することもあります。

そもそも体臭を完全になくすことはできないので、
どう臭いをコントロールしていくのかがワキガ対策のポイントです。
完治を目指すよりもニオイを軽減させることを目標にした方がモチベーションも維持しやすいはずです。

ワキガ治療というと手術のイメージが強いかもしれませんが、それ以外にも治す方法は色々あります。
むしろ、手術はデメリットも多いので安易に受けるのは危険ですし、最初から勧める医師もいないでしょう。

まずは生活習慣と食生活の見直しを行いながら、ワキガ対策用アイテムを使ってください。
最近のワキガ対策用アイテムは非常に品質が良く、高い効果を期待できます。
クリームやスプレー、サプリメント、石鹸など様々なデオドラント商品が発売されているので、
自分に合うものを探しましょう。

自分がワキガだと気付いていない人も多いです。
これは自分のニオイをいつも嗅いでいるので、ワキガのニオイに慣れてしまうためです。
だからこそ、家族や友達、同僚など他の人に指摘されて、自分がワキガだと気付くケースが多いのです。
自分でワキガかどうか確認したい方は以下の項目に該当していないかチェックしてください。

他人に臭いと言われたことがある
ベタベタした汗が出る
服が黄ばむ
陰部の臭いが気になる
耳垢が湿っている
ワキの臭いが気になる時がある
足が臭い
肉が好き
家族にワキガの人がいる

該当する項目が多ければ多い人ほどワキガの可能性が高いです。
ワキガは遺伝するので、家族にワキガの人がいる場合、ワキガ体質かもしれません。

やっぱりワキガかも・・・と思った方は、病院で検査をしてみてはいかがでしょうか。
ワキガだと診断された場合、ショックを受けるかもしれませんが、それでようやく自覚を持てるようになります。
自覚を持つことがワキガ対策の第一歩なので、気になる方は病院に行きましょう。

軽いワキガならすぐに改善することができますし、
重度のワキガでも臭いを軽減するだけならそれほど難しくはありません。
正しく対処すれば、ワキガの悩みから解放されます。

人気ワキガ対策商品の口コミランキング
1位
写真
7種類の天然植物エキスで無添加・無香料。お子様でも使えるやさしさ クリアネオ cleaneo

30g入 1本 5,980円(税込・送料別)※30日間返金保証制度あり
定期便 1本 4,980円(税込・送料無料)※全額永久返金保証制度あり

公式サイトへ
商品紹介
2位
写真
天然植物エキスでワキに潤いを与え余分な汗や皮脂の分泌を抑えます ラポマイン Lapomine

24g入 1本 8,560円(税別・送料別)※90日間返金保証制度あり
定期便 1本 5,700円(税別・送料無料)※90日間返金保証制度あり

公式サイトへ
商品紹介
3位
写真
クリアンテ cleante
公式サイトへ
4位
写真
デオプラスラボ deo+labo
公式サイトへ
5位
写真
デオシブEX
公式サイトへ

効果が感じられるのは軽度のワキガの場合です。重度のワキガに苦しんでいる方は、オロナインではなく、専用のクリームやスプレーを使ってください。いくら殺菌力が強いといっても専用商品ではないので限界があります。

脇毛があると毛根で雑菌が繁殖し、アポクリン腺と混じりあい、強烈な臭いを放ちます。ただし、毛抜きでムダ毛を抜くと肌トラブルの原因になるだけでなく、アポクリン腺を刺激してしまって、臭いを強める恐れがあります。

タバコにはニコチンと呼ばれる有害物質が含まれています。この物質がアポクリン腺とエクリン腺を刺激、両方の汗を増やします。汗の量が増えると細菌の働きも活発になるので、ニオイも強くなるというわけです。

日本人のワキガの割合は欧米人と比べるととても低く、
10%~15%程度だといわれています。
欧米人の割合は70%以上だといわれているので、
どれだけ日本人に少ないか分かりますよね?
それゆえに日本人のワキガは目立ってしまうのです。

また、ワキガに悩まされる日本人は昔よりも増えています。
これは食生活が大きく関係しており、欧米よりの食事に変わったことが原因です。
昔の日本人は野菜と魚がメインの食事でしたが、現在は肉中心の食事をしている方が大半です。
肉中心の食事は体臭を強めるため、ワキガの発症リスクを高めてしまいます。

ワキガは汗とは違う独特のニオイを放つので、すぐに周囲の人に気付かれます。
玉ねぎのような臭い、鉛筆の芯の臭い、スパイシーなカレーの臭い、チーズの臭いなど人によって感じ方は様々です。
これらの臭いがする方はワキガの可能性があると思ってください。

ワキガになると常に臭いが気になるので、大きな精神的ストレスを抱えることになります。
あまりにもストレスが大きくなると不眠症やうつ病に発展する可能性だってあるので、無視することができません。
周りから指摘された場合、人と接するのが怖くなることもあるでしょう。
重度のワキガは日常生活にも支障をきたしてしまうため、早めに改善したいところです。

男性と女性でワキガの発生率が異なります。
男性の方が女性よりもワキガになりやすいイメージがあると思いますが
実は逆です。
女性の方が男性よりもワキガになりやすいのです。

女性は男性と比べると皮下脂肪が多く、皮脂が分泌しやすいですし、ワキガの原因であるアポクリン汗腺も多いです。
ただ、女性の場合は脇毛ケアをしていたり、食べ物に気を遣ったり、ニオイケアをしている人がほとんどです。
逆に男性はニオイに対しての意識が低いので、自分の臭いに気付かなかったり、
気づいてもそのまま放置してしまう人が多いです。
これが女性よりも男性のワキガの方が目立ってしまう理由だと思ってください。

男女によってワキガの発生率に違いはありますが、ひとつ言えることは性別に関係なく発症するということです。
男性でも女性でもワキガになる人はなります。
ワキガの原因であるアポクリン汗腺の数は生まれた時から変わることはありません。
家族にワキガの人がいる場合、自分もアポクリン汗腺の数が多い可能性があり、
ワキガの発症リスクも普通の人よりも高いです。
遺伝したからといって絶対にワキガになるということはありませんが、
他の人よりもなりやすい体質なので注意しないといけません。

ページの先頭へ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket